クリニック案内、治療方針
 小児から高齢者にいたるてんかんと、小児の神経発達症の診療を専門にしています。
てんかんは治る病気です
 てんかんは新生児から高齢者までのあらゆる年齢で発症する可能性がある神経疾患(脳の病気)で、全国に約100万人の患者さんがいると推定されています。てんかんは正確な診断、適切な治療により70~80%の人は、発作のない生活を送ることが可能です。しかし、疾患に関する情報の不足や誤解・不適切な治療により、日常生活・社会生活で困難や不安・悩みを抱えている患者さんも少なくありません。


院内報でてんかんなどについての
情報を発信しています。
てんかん治療は発作を抑制することが第一目標ですが、発作を抑制することだけが治療ではありません。 発作は抑制されても治療は長期にわたるため、薬や将来に対する不安だけでなく、子どもでは発達や学校、成人では仕事・車の免許・結婚・妊娠、高齢者では他疾患の合併や介護、難治例では行動異常・知的障がい・親亡き後など、さまざまな問題や悩みがあります。てんかん診療は、近年、著しく進歩しています。発作のコントロールだけでなく、日常生活の不安や悩みもお聞きし、一人ひとりの患者さんに寄り添うことを心がけています。
みんな違って、みんないい
 日々わが子の成長を喜びながらも、子育てや教育に不安や悩みはつきものです。特に情報が氾濫する現代社会では、育児に不安や悩みを感じる親御さんが増えています。「どこか他の子と違う気がする。うちの子、もしかして発達障がい?(近年は障がいという言葉は使わず、神経発達症といいます)」と悩まれていませんか。幼稚園や学校でトラブルが多く、「一度病院に相談してみては?」と言われたが、どこに相談したらいいか分からないと困られていませんか。また、病院で「発達障がいですね」と診断されたが、どう対応したらいいか分からず困られていませんか。そんな時、一人で悩まず、ご相談ください。子どもは一人ひとり違っていて、それぞれに輝きを持っています。神経発達症の子どもは、6~7%いると言われています。神経発達症というと深刻に受け止められるかもしれませんが、子どもたちは適切な支援があれば、成長し、進歩します。私たちは、それぞれの子どもの発達特性・状況に応じたアドバイスを行い、成長のお手伝いをさせていただきます。
心の病気
 ストレスの多い現代社会、誰もが心の病気になる可能性があります。眠れない、やる気がしない、不安である、憂鬱でつらい、確認しないと落ち着かない、周囲から監視されている気がするなどの症状があればご相談ください。精神科専門医が対応します。

医師の紹介
田中 順子
日本てんかん学会専門医・てんかん専門指導医・日本小児神経学会専門医・日本小児科学会専門医・日本児童青年精神医学会員
永井 利三郎
日本てんかん学会専門医・てんかん専門指導医・日本小児神経学会専門医・日本小児科学会専門医・国際小児神経学会会員・
日本児童青年精神医学会員・大阪大学名誉教授
吉田 功
精神保健指定医・日本精神神経学会専門医・日本医師会認定産業医・日本生物学的精神医学会員


受診についてQ&A てんかんで受診したいのですが、どうすればいいですか?
答え

お電話でご予約ください。
※ 他院でてんかんと言われたが本当だろうか、現在治療を受けているが発作が止まらない、主治医に尋ねても今ひとつ説明が曖昧なため不安でどうしたらいいか分からない、などの悩みをお持ちの方の相談も応じます。既にかかっておられる病院・診療所から紹介状をいただける方は、紹介状をご持参ください。紹介状がない場合は、今までの経過と、お薬を服用されている場合は薬の名前と量をお教えください。お薬手帳をお持ちの場合は、ご持参ください。初診は問診に時間がかかりますので、時間に余裕を持っておいでください。
※ 現在、通院医療費公費負担制度を利用して通院されていて転院を希望される場合は、お住いの市町村で事前に医療機関の変更手続きをしていただければ、引き続き利用できます。ご不明なことがあれば、お電話でお問い合わせください。

子供の発達について相談したいのですが、どうすればいいですか?
答え
発達外来は完全予約制です。年齢や症状によっては対応できない場合がありますので、必ずお電話でお問い合わせの上、ご予約ください。
※ 主に小児の自閉スペクトラム症・注意欠如多動症・知的発達症(精神遅滞)の診断と生活指導、および合併するてんかん・行動障害・睡眠障害に対する治療を行っています。
※ 受診の際、生まれてからの経過・現在困っておられること・相談したいことなどを記入してきてください。紹介状のある方はご持参下さい。限られた時間を有効に使うため、ご理解とご協力をお願いいたします。
発達外来ではどのようなことをするのですか?
答え
初診はご家族の方のみで受診していただき、医師から成育歴及び現在の様子などをお伺いします。後日、子ども同伴の受診で、担当医師からご家族に療育アドバイスを行い、その後の発達フォローを行います。必要に応じて、心理発達検査・脳波検査(神経発達症に伴うてんかん、てんかんに伴う神経発達症は多いといわれています)、心理士の対応を行います。ご家族のご希望により、幼稚園や学校などに意見書をお書きし、家庭―教育機関―医療機関の連携を図るよう心がけています。
精神症状(眠れない・不安が強い・やる気がしない・憂鬱・イライラするなど)について 相談したいのですが?
答え
電話でご予約ください。診察の当日は、ご本人のみでも、ご家族同伴でもかまいません。現在、他の病院にかかっておられる場合は、紹介状をいただいて来てください。紹介状がない場合は、今までの経緯やお気持ちをある程度まとめてきていただくと、診察がスムーズに進みます。限られた時間を有効に使うため、ご理解とご協力をお願いいたします。